仕事

メンタル面での不安と求職

仕事

精神障害者の雇用状況は、身体障害者と比べて数が少ないなど厳しい状況にあります。このような現状を踏まえ、精神障害者の求職活動は工夫をしながら進めていく必要があります。精神障害についてはオープンかクローズか、つまり病気を会社側に告げた上で配慮をもらいながらの就職か、病気の事実を隠しながらの就職かという主な2つの選択肢があります。どちらが良い悪いということではなく、自分の病状にあった就職方法を選ぶことが大切です。オープンの場合、途中で挫折しないようにできる事とできない事をきちんと伝えることが大切です。これにより働き手本人のストレスも減りますし、会社側にも迷惑が掛かりません。クローズの場合は、求職の段階で自分に合った無理のない仕事や職種を選択することが大切です。

精神障害者がオープンまたはクローズで雇用される場合、いずれも注意点があります。オープンでの雇用の場合、会社内のどの範囲までオープンにした方がいいのか、またはしたいのかを考え、雇用主にしっかりと伝えておきましょう。オープンにする場合、雇用側にだけ伝えておいて、同僚などには打ち解けてから自ら話すという手段もあります。自分にとって負担の少ない方策を選びましょう。逆にクローズの場合、雇用主側に伝えておかなくても、ある程度打ち解けた同僚や上司には伝えておくということも大事です。どうしても精神障害者が会社で働く場合、大きなストレスを感じたり、困難な状況が出てきたりしますので、そのような事態において助けてくれる仲間がいることは大きな支えになります。